釣り&タックル情報サイト

つりにいく

アジング サーティーフォー(34) ロッド

アミパターン最適化のアジングロッド「アドバンスメントPSR-60 THE NEXT STAGE」が誕生!

投稿日:

タチウオの梅しそ巻き最高!

タチウオの梅しそ巻き最高!

こんにちは。土曜の晩は久々にタチウオ狙い@大阪南港エリアに行ってきました。直近の釣果で南港周辺で1人で90本!?という驚異的な数字を見たのもあり、楽勝やん!ぐらいで考えていたので、人が減る夕まずめ終わりの19時過ぎからエントリー。(なので、夕まずめの状況は分かりません)

仕掛けはタッチポン陸(5g)や軽量テンヤ(8g)を使った陸っぱりテンヤ。エサはキビナゴとサンマの切り身。サイズが小型なのか活性が低いのか、ついばむような本当に小さなアタリは結構あったのですが、結局最後まで苦戦しのせられず。結果、ベルトサイズ3本、指3.5本1本の合計4本と想像以上に渋めでした・・。

ただ、周囲でもあまり釣れてる雰囲気がなかったので、そんな中でもアタリを出せる陸っぱり軽量テンヤ(3Sや4Sサイズ)はやっぱり強いですね〜。エサが針先から出すぎると、尻尾ばかりタチウオに食われるので、エサが長すぎる場合はハサミで頭を落とすなど、エサのサイズを調整するとヒット率があがりますよ。※写真はタチウオの梅しそ巻き。めちゃくちゃ旨いですよ!

さて、本日は34の新作ロッドを紹介。アジングの伝道師「家邊氏」率いる34から渾身のアジングロッド「アドバンスメントPSR-60 THE NEXT STAGE」が誕生しました。

アミパターンに最適化されたアジングロッド「アドバンスメントPSR-60 THE NEXT STAGE」とは?

アドバンスメントPSR-60 THE NEXT STAGEは、約5年前に発売されたPSR60というロッドの後継機。この前モデルであるPSR60が名竿と言われているロッドで、当時アジの食性がエサ→プランクトンにシフトした時代に誕生。その食性に合わせた釣り方が可能な当時珍しい「柔らかい=スローテーパーロッド」として登場し実際よくアジが釣れ人気を博したとの事。そして、この2代目「アドバンスメントPSR-60 THE NEXT STAGE」は、そのプランクトン食性、いわゆるアミパターンに更に特化し磨きをかけたもの。

Uの字に曲がる

Uの字に曲がる

ベリーからティップはかなりしなやかで写真のように「Uの字」に曲がり、バット部分は強く殆ど曲がらない設計になっており、この竿のムチのような「しなり」をしっかり使えるようになっています。その結果、超軽量なジグのキャスト飛距離をのばす事や、ディープゾーンにあるジグヘッドの重みを感じながらも、しっかりと操作できるロッドに仕上げているということ。ティップとベリーを細く作るために並継ぎ(元竿側に細い穂先側を差し込む構造)を初めて採用しています。※通常は逆並継。

34家邊氏による解説動画

アドバンスメントPSR-60 THE NEXT STAGEの発売日とスペック

Advancement PSR-60 THE NEXT STAGE

Advancement PSR-60 THE NEXT STAGE

  • 全 長:6.0ft(183cm)
  • 自 重:74g
  • ライン:1.0~2.0lb
  • ルアー:0.3~1.8g
  • ティップ:ソリッド
  • 定 価:39,800円(税抜)

ここまで柔らかいアジングロッドは使ったことが無いので、個人的にも非常に興味深いです。アドバンスメントPSR-60 THE NEXT STAGEは2018年12月頃の発売を予定しているようです。34家邊氏が手がけた渾身のアジングロッド。気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

↓は、初代アドバンスメントPSR60。ニューモデルのが少し値段が高い設定ですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-アジング, サーティーフォー(34), ロッド

Copyright© つりにいく , 2018 All Rights Reserved.