キャスティングゲーム ロッド

【最新】ヒラマサキャスティング用ロッドを紹介!選び方やおすすめロッドなど。

2022年時点での最新ヒラマサキャスティング用ロッドを紹介します。ロッドの選び方やおすすめロッド、個人的に使っているモノなどを中心に人気のヒラマサキャスティングロッドをピックアップしています。私もまだ1タックルしか無いので、もう1本キャスティングロッドが欲しいんですよね。どれにしようかな・・マジ悩む。

ヒラマサキャスティング用ロッドの選び方

ヒラマサキャスティング用ロッド
ヒラマサキャスティング用ロッド

長さ

ヒラマサキャスティング用ロッドの長さは、大体7ft中盤から8ft後半ぐらい。7ft 台のショートロッドは軽くて取り回しが良く体力的にも楽。そしてアンダーハンドキャストなどがやりやすいというメリットがあります。長いロッドだと、オーバーハンドキャスト時の飛距離が稼げるので、より広範囲に探れるというメリットがありますが、その分重たいので体力が必要になります。標準的な長さとしては8ft前後のロッドになります。

硬さ(ロッドパワー)

ロッドパワー
ロッドパワー

ヒラマサキャスティング用ロッドでは、大体MクラスからXHクラスのロッドパワー(硬さ)のロッドを使います。ターゲットにするヒラマサのサイズや使用するプラグのサイズ、PEラインの太さに合わせてロッドパワーを選びます。基本的にはMやMHパワーぐらいが標準(PE5号〜PE6号タックル)で、16cm〜20cm程度(〜100g)のプラグの使用に最適化されています。大マサ狙いの場合は、HやXHパワーのロッドとPE8号〜10号、〜150gぐらいのプラグが扱えるロッドを使う事が多いです。ただし、水深が深い場合はライトなタックルでも根ズレの心配がありませんので、季節やポイントによっては大マサでも5号や6号といったロッドでも問題ない場合もあります。

弾性

ヒラマサキャスティングロッドには、使われているカーボン素材によって低弾性・中弾性・高弾性という特性があります。場合によってはバット、ベリー、ティップなどロッドの部位によっても素材が使い分けられている場合もありますが、基本的には低弾性は曲がりやすく、弾性が高くになるにつれ反発力が強くなります。一般的にはキャスト飛距離重視には高弾性ロッドが有利で、低弾性の曲がりやすいロッドほど体への負担が小さくなるという傾向があります。メーカーによってはカーボン素材についての記載がありますが、無いところも結構多いです。

最新のおすすめヒラマサ用キャスティングロッド!

ヒラマサキャスティングロッド
ヒラマサキャスティングロッド

自分が追加したいヒラマサロッドを基準にピックアップしています。MもしくはMHパワーあたりのを追加したい。

シマノ

オシアプラッガー リミテッド

2021年にリリースされたシマノのハイエンド「オフショアキャスティングロッド」がオシアプラッガー リミテッド。高弾性カーボンを使用した高反発ロッドで圧倒的なキャスト飛距離が特徴。大きなプラグも思いっきり投げられます。高弾性だからといって全く曲がらない訳ではなく、ヒラマサとのファイト時はしっかり曲げる事もできロッド自体の復元力も強く自然に魚をリフトしてくれるという側面もあります。

オシアプラッガー リミテッド S83MH

オフショアキャスティングゲームにおいて、飛距離は誰もが欲する最大の武器。オシアプラッガーリミテッドは最高レベルの飛距離にフォーカスし、誰よりも飛ばして釣ることを目指して開発したロッドです。軽量&高反発のブランクスは、その軽さでキャストスピードの向上をもたらすと同時に長時間のフルキャストをサポート。徹底的に高めた反発力は曲げ込むほどにパワーを発揮し、安定した大遠投を可能にします。グリップ部までブランクス自身がスムーズに曲がる設計により、高反発ロッドにありがちな身体への衝撃やストレスを緩和し、キャストのタイミングの取りやすさを実現。そして軽くて糸抜けに優れるガイド仕様などの要素が融合。卓越したキャスト性能はアングラーの感覚を研ぎ澄まし、エキスパートにさえ上達の喜びをもたらします。

LENGTH 8’3″
LINE PE ~6
CAST ~120G
DRAG MAX 12KG

出典:https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/offshoresalt/casting/a075f00002fqdquqa4.html#Specifications

オシアプラッガー フルスロットル

リミテッドとフレックスドライブの中間である「中弾性カーボン」を使用したロッドが「オシアプラッガー フルスロットル」。非常に人気で使っている人も多いオフショアキャスティングロッド。

オシアプラッガー フルスロットル S82MH

誰よりも飛ばし、正確にプラグを操り、パワーファイトで確実に獲る。そんなゲームスタイルを追求した高反発キャスティングロッド。数々のテストから導き出した新設計ブランクスに[スパイラルX]+[ハイパワーX]を融合し、軽さを維持しながら高強度& 高耐久のタフネスを両立。ネジレやブレも徹底的に抑え、波風が強い状況下でも正確にプラグを操り、曲げ込むほどに溢れるパワーでターゲットをしっかり制御します。また、糸抜けが良くトラブルレスのガイド設定は、あらゆるディスタンスで快適なキャストフィールを演出。妥協なき本気のアングラーに使ってほしいロッドです。

LENGTH 8’2″
LINE PE ~6
CAST ~120G
DRAG MAX 12KG

出典:https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/offshoresalt/casting/a075f00002fqdquqa4.html#Specifications

オシアプラッガー フレックスドライブ

2022年4月頃に発売が予定されているシマノ最新のオフショアキャスティングロッドが「オシアプラッガー フレックスドライブ」。低弾性カーボンが採用されており粘りが強く「曲げて獲る」がコンセプト。キャストもしやすく、玄人は勿論パワーや体力に自信の無い人や初心者にも扱い易いロッドになっています。スパイラルXコア、ハイパワーXなど最新のシマノロッド技術が盛り込まれたオフショアキャスティングロッドになっています。

オシアプラッガー フレックスドライブ S83MH

オシアプラッガー FLEXシリーズのコンセプト「曲げて獲る!」を継承するフレックスドライブはブランクスに粘りと軽さに優れた低弾性カーボンを採⽤し、バットは強靭に仕上げ、曲げ込むほどに漲るパワーを発揮。ロッドを豪快に曲げ、猛スピードで走る大型魚の引きを真っ向から受け止めると同時に、ロッドを立てることでアングラーの重心バランスを安定させ、疲労を抑えた余裕のパワーファイトをサポートする。また曲がり込むブランクスはキャストのタイミングがつかみやすく、安定して投げ続けられる性能と、アクションエラーを抑えたナチュラルなプラグの泳ぎを演出。もちろん、曲がるロッドの課題である不快なブレやダルさはシマノが誇るロッドテクノロジーで徹底的に抑制。柔軟な曲がりの中にシャープさを併せ持ち、キャスト精度・遠投性・操作フィーリングが⾶躍的に向上したブランクスで体力の消耗を抑えた持続可能なゲームスタイルを提案する。

LENGTH 8’3″
LINE PE ~6
CAST ~120G
DRAG MAX 12KG

出典:https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/offshoresalt/casting/a075f00003e2elbqai.html

ヤマガブランクス

ブルースナイパー ボートキャスティング

ヤマガブランクスのヒラマサやマグロをターゲットにしたオフショアキャスティングロッドが「ブルースナイパー ボートキャスティング」。ショアからのキャスティングシリーズも別途で用意されています。PE2号クラスのライトモデルから、100kg超の大型マグロや巨大ヒラマサと対峙できるPE10号モデルまでラインナップが非常に豊富です。個人的にはブルースナイパー82/4や82/6モデルが欲しいところ。弾数が少ないので欲しいモデルを見つけたら買いかも。

BlueSniper 82/6

超大型ヒラマサにも屈しないシリーズ内最強スペックです。リフトパワーのみならず、ダイビングペンシル等の繊細な水絡みを要するアクションも無理なく行える様に、ティップからベリーにかけての設計を見直しました。テクニカルな誘いを行いつつ、ファイト時は魚に主導権を与えずにスピーディーに浮かせる事の出来る一本に仕上がっています。

LENGTH 8’2″
LINE PE 5-6
CAST 50-130G
DRAG MAX 12KG

出典:https://yamaga-blanks.com/product/ohushorecasting/bluesniper-boatcasting/

MCワークス

エクスプロージョン フルコンタクト(EXPLOSION FULLCONTACT)

そもそも入荷数も少ない上に人気ということで、なかなか欲しい番手に出会えないのがMCワークスのロッド。オフショアキャスティングロッドの「エクスプロージョン」シリーズもご多分に漏れず「これ欲しい!」って思っても無いんですよね。個人的にはエクスプロージョン フルコンタクトの「EX835CTR」もしくは「EX836CTR」が気になっています。どちらかというとエクスプロージョンの方が有名な気がしますが、MCワークスからは他にもスローハンドという低弾性モデルも用意されています。

EXPLOSION "FULLCONTACT"

2017年、EXPLOSIONのサブカテゴリーとしてFULL CONTACTシリーズが登場した。それまでのEXPLOSION特有の張りはそのままに、破壊強度の向上、特に間合いを詰めてからの攻防を不安なく行えるようにカーボン組成を再構成したシリーズである。全力全開本気のアングラーにこそFULL CONTACTはお勧めであり、その本気に耐えるだけの驚異的な対破壊強度を持たせている。

「EX835CTR」
LENGTH 8’3″
LINE PE 4-6
CAST 40-100G
DRAG MAX 12KG

出典:https://www.mcworks.jp/products/prodyct_category/explosion-f
【中古/美品】 MCワークス エクスプロージョン 804HR スペシャルモデル/Z393200

トライデント(TRIDENT)

2022年に発売予定の最新のキャスティングロッドが「トライデント」。最大の特徴は3ピース使用で仕舞寸法965mmながら、ピース分割によるデメリットを極力廃したモデル。855、826、837の3種類が用意されています。最近のマルチピースロッドの性能は非常に良いので、遠征が多い人には非常に良いロッドですね。

ダイワ

アウトレイジ(キャスティングモデル)

2022年の5月頃リリース予定のダイワ最新のオフショア用ロッドが「アウトレイジ」。キャスティングロッドとジギングロッドのどちらもがラインナップされています。キャスティングロッドはPE2号クラスからPE8号クラスまでのパワーが用意されているので状況によって細かく選ぶ事ができます。HVFナノプラスやX45などが採用されており後述するハイエンドモデル「ソルティガC」に肉薄するスペックになっています。価格的にも抑えられているのも良いですね。

アウトレイジ C82-6

上位モデルのSALTIGAの設計思想を引き継いたハイスタンダードキャスティングモデル。各モデルとも飛距離、操作性という魚を掛けるまでのプロセスを快適にこなしながら、ファイト時は体力負担を軽減しつつリフト力を残したベストなバランスに設計。ワンランク上の性能を感じる高いポテンシャルを持ったキャスティングモデルが完成。


LENGTH 8’2″
LINE PE ~6
CAST ~130G
DRAG MAX ---

出典:https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/special/product/outrage/

ソルティガ C(キャスティング)

2021年にモデルチェンジされたダイワのハイエンドオフショアキャスティングロッドが「ソルティガC」。X45をさらに強化したX45フルシールドでブランクスを、そしてV-JOINTアルファでバットジョイント部を強化。ショートモデルや、2号から8号までのロッドパワーが用意されています。

ソルティガC 83-6

BRAKE YOUR RECORD/SALTIGA C(キャスティング)は安定した飛距離、ルアーの操作性、ファイト時の魚のコントロール、そして破壊強度といったオフショアキャスティングロッドに必要とされる当たり前ともいうべき性能に磨きをかけたモデル。その源となるのが言うまでも無くブランク性能である。メイン素材は高強度で強い粘りをもつHVFナノプラス、そして先端からX45を最外層に纏ったX45フルシールド搭載によりネジレ剛性を大幅にアップさせた。また比較的強度の落ちやすいバットジョイント部はダイワ最先端のジョイント構造であるVジョイントαを採用。これらのテクノロジーをベースにしたブランクに、個々のアイテム特性を突き詰めることで、大幅な進化を遂げたSALTIGA Cで是非記録となる1本をキャッチして欲しい。


LENGTH 8’3″
LINE PE ~6
CAST ~130G
DRAG MAX ---

出典:https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/saltiga_c/index.html

リップルフィッシャー

アクィラ(Aquila)

GTたカジキ、マグロやヒラマサなどの大型魚からシーバスやメバルなどのロッドまで手掛ける人気のロッドメーカー「リップルフィッシャー」。ヒラマサ向けキャスティングロッドのジャンルも用意されており「アクィラ(Aquila)」がそれになります。アンダーキャスト向けのカスタマイズ用ショートハンドルが用意されるなど、シチュエーションに合わせて細かく選べます。2022年5月には大政狙いの大型プラグ向け「Aquila MST 82-9+」などもリリースされる予定。

アクィラ(Aquila)シリーズについて

リップルフィッシャーのボートキャスティングシリーズ「アクィラ」は、近年の細分化されるヒラマサ、キハダマグロゲームを始め、様々なシチュエーションに特化した性能を発揮できるようにラインナップをブラッシュアップしました。現在のリップルフィッシャーの持てる技術を惜しみなく注ぎ込み、これまでにないブランクを生み出すことにも挑戦しました。ラインナップは全10機種。カテゴリーをST・MLT・MST・EXの4つに分け、より分かりやすい構成を目指しています。

●STはバランスよく、幅広いシチュエーションやターゲットを狙っていけるスタンダード性能を研ぎ澄ましたモデル。

●MLTは繊細なティップと強靭なバットを融合し、ライトラインで大物に挑むためのマルチパーパスモデル。

●MSTは既に定番になった大型ヒラマサに特化し、タフ&パワーを追求した強化モデル。

●EXは3ピースのパックロッドであり、マルチピースの限界を超えた使用感と調子を実現しました。


Aquila ST 85-6

LENGTH 8’5″
LINE PE ~6
CAST 40~110G
DRAG MAX ---

出典:https://ripplefisher.com/product/off-shore-game/aquila-new

カーペンター

ブルーチェイサー(Blue Chaser)

カーペンターから2010年に発売されて、現在まで人気の衰えないロッドが「ブルーチェイサー」。「γ(ガンマ)」などのダイビングペンシルもそうですが、カーペンターのアイテムは直ぐに売り切れてしまうプレミアムアイテムでもあります。いつかはカーペンターって人も多い憧れのロッドの1つですね。BLC84/18とか84/22とかいいな〜。

BLC 84/18

「BLC 84/18」 は 軽快に使えて、大物にも対応出来るロッドです。特徴は非常にスムーズに曲がるブランク特性です。「BLC 84/18」 は18Lbというパワーでありながら、通常では考えられない高い強度を持っています。また、大きなリフト性能を兼ね備えております。そのポテンシャルは、ロッドのパワー以上の魚を獲ることや根から魚を引き離すことが可能です。「BLC 84/18」 は非常にスムーズに曲がるブランク特性により、誰が使っても非常に使いやすいロッドになっています。「キャスト」 では、ロッドにルアーの重みが上手く乗り、少ない力でルアーをスムーズにキャストすることができます。「ファイト」 では、柔軟性とリフト力のバランスが取れたブランクは高いドラグテンションでも安定したファイトが出来ます。「BLC 84/18」 のもう一つの特徴は、使用用途が広いことです。大型ブリ ヒラマサ マグロ と幅広く使うことが可能です。女性GTアングラーの方にもお使いいただいております。「BLC 84/18」 は80g前後のルアーを使うGTロッドとしても面白いです。

LENGTH 2560mm
LINE PE 4~6号
CAST 50g~110G
DRAG MAX 11Kg

【中古】 カーペンター ブルーチェイサー 84/22 R-Power-1/C054220
関連記事
ヒラマサキャスティング用プラグ
ヒラマサキャスティングを始めよう!タックルや仕掛けなど。

今年やってみたい釣りの1つがヒラマサキャスティング。ジギングでヒラマサを釣ったことはありますが、オフショアキャスティングで釣った事はありません。ってことで、初心者目線でヒラマサキャスティングに必要なタ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-キャスティングゲーム, ロッド
-