シマノ(SHIMANO) ロッド ワインド

ワインド用ロッド「ダイナダート」が登場!お手頃で良さげですね【シマノ】

出典:シマノ「ダイナダート」
出典:シマノ「ダイナダート」

シマノから新しいワインド専用ロッド「ダイナダート」が登場しました。和歌山エリアでは早くもタチウオがちらほら上がっている様子で、これから関西エリアで本格シーズンを迎えるワインドゲームにお手頃で期待「大」なロッドですね!

ダイナダートはワインド専用設計ロッド

ダイナダート
ダイナダート

関西の秋の風物詩でもあるタチウオの「ワインドゲーム」。マナティなどワインド用ワームを使いリズミカルにシャクリを入れる事で左右にワームをダートさせ、タチウオ・青物・シーバス・フラットフィッシュなどフィッシュイーターの捕食スイッチを入れるのがワインド釣法。ここ数年でワインド専用ロッドは少しずつ増えてきましたが、2022年の秋シーズン向けにシマノからも新しいワインド専用ロッドとして「ダイナダート」とがリリースされました。

シャクリやすさを徹底追求。幅広い魚種を快適に網羅できる新ブランドが始動

タチウオ・サワラ・シーバス・フラットフィッシュ・青物。シーズンを問わず強制的に追わせて喰わすことでストロングバイトに持ち込むワインドゲーム。誰でも快適かつ美しくダイナミックなダートを斬ることができる専用モデル。それが「DYNA DART」のコンセプト。ネジレを抑えダートアクションのキレを高める[ハイパワーX]。スタンダードなグリッピングにも、フロントグリップを握るパワフルな操作にも対応する[セミロングフロントグリップ]。安定したファイトを可能にする[天面フラットリアグリップ]で操作・ファイトの安定性向上を実現。ダートを加速させる充実の専用スペックでここに誕生。

出典:シマノ「ダイナダート」

シマノ公式サイトに「新ブランド」とあるように、この「ダイナダート」という名称がついたワインドワームやアシストフックなどなど、今後色々とリリースされそうです。

テーパードセミロンググリップ&天面フラットなリアグリップ

テーパードセミロンググリップ
テーパードセミロンググリップ

通常のロッドと比べて長く設定された「フロントグリップ」。長すぎず短すぎない絶妙さがシャクリ易さをアップしてくれます。

リアグリップ天面もフラット
リアグリップ天面もフラット

またリアグリップ側も肘があたる天面をフラットにカットしてあり、「ポーン・ポーン」とリズミカルに肘にあててシャクるワインド釣法に最適化されています。

ラインナップとスペック

ハイパワーXやCi4+などの素材が使われており軽量かつパワフルなロッドとなっています。ソリッドティップモデルのS76UR-Sとチューブラモデルの5機種で全6機種のラインナップ。エギサイズが記載されている通り、ダイナダートはエギングにも使用できます。

品番全長(ft.)全長(m)継数(本)自重(g)ルアーウェイト(g)エギサイズ(号)適合ラインPE(号)本体価格(円)
S76UL-S7'6"2.292981.5~101.5~20.3~0.817,500円
S76ML7'6"2.2921107~212~3.80.6~1.217,500円
S80ML8'0"2.4421157~212~3.80.6~1.218,000円
S80M8'0"2.44211910~302.5~40.8~1.518,000円
S80MH8'0"2.44212312~35-1~219,000円
S86ML8'6"2.5921177~212~3.80.6~1.219,000円

個人的な感覚ですがワインドだと8ft6incが標準的な長さなので、若干短めの設定のロッドが多いですね。86Mパワーはラインナップとして欲しい気がします。今後追加されていくのかもしれませんね。

発売日など

ワインド専用ロッド「ダイナダート」は2022年8月頃の発売予定のようです。実売は14,000〜15,000円ぐらいかな〜。人気でそうな予感なので気になる方は早めにチェックしてみて下さい!

みんなの意見

ダイナダート ほしい?

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

釣歴30年以上。海釣りがメインで船や陸からのルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った旬の魚は家族と一緒に美味しく食べています。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。最近の好きな釣りは、イカメタルやオモリグ、タチウオテンヤ、メバリング、アオリイカのヤエン釣り、バチコン、ジギングやキャスティング。

-シマノ(SHIMANO), ロッド, ワインド
-