ロッド 天龍/テンリュウ

天龍のライトゲームロッド「ルナキア」がフルモデルチェンジ!

このたびの台風・地震で被災されたみなさま心からお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧を、心からお祈り申し上げます。

関西の皆様にはお馴染みの有名釣具店「フィッシングマックス」。大阪市内には店舗がありませんでしたが、2018年9月14日にフィッシングマックス難波店がオープンするとのこと。梅田にはルアー1BANがあるのですが、ミナミ(心斎橋や難波周辺)には釣具店が無かったので結構便利かも。餌・ルアーどちらも置いてあるみたいです。

場所はここみたいです↓
大阪府大阪市浪速区難波中1丁目10番4号 南海野村ビル1階

さて、本日は天竜「ルナキア」を紹介。アジングやメバリング向けのハイエンドロッドで、フルモデルチェンジした今作で3代目になるはず。コンセプトは感性に響くライトゲームロッドという事、気になりますね。

天龍「ルナキア」の特徴

天竜のルナキアは開発中のものを含めると5機種。現状発表されているのが3機種となります。全機種バット部分にカーボンナノチューブ(C.N.T)素材を使用。ソリッドティップモデルの2機種(LK582S-LS/LK632S-LMLS)には、超繊細なカーボンソリッドを採用、バット部分には軽量な1本足のチタンフレームSIC ATガイドを使用。アンダー1gのリグの存在を感じられる程の感度を実現しています。またチューブラモデル(LK6102S-MLT)は、マグナフレックスと言う異素材同士を融合する製法で作られたブランクを使用、そして極細PEラインの使用を前提として絡みにくいチタンフレームSIC Kガイドをセッティングしています。

ラインナップ

ルナキアのロゴ

ルナキアのロゴ

各モデルのスペック

名称長さ調子ルアーmonoPE先径自重定価
LK582S-LS1.72mEXFMAX2gMAX2.5lbMAX0.3号0.8mm52g¥35,000
LK632S-LMLS1.90mEXFMAX3gMAX3lbMAX0.3号0.8mm58g¥36,000
LK6102S-MLT2.08mRFMAX5gMAX4lbMAX0.4号1.2mm61g¥36,500

ルナキア LK582S-LS

超フィネスゲーム向けショートモデル
1g未満のリグの存在を感じられる超繊細なカーボンソリッドティップと、ターゲットの引きを堪能出来るアクションが魅力。 操作時は超ファーストアクションに感じ、負荷を掛ける毎に徐々にスローアクションに可変していきます。 超軽量のジグヘッド単体から、2g程までのスプリットショットリグと好相性。 フロロカーボンやエステルといったモノフィラメントラインの使用と、軽量化を狙ってバット部にはATガイドを採用。

ルナキア LK632S-LMLS

掛け重視のフィネスモデル
僅かな変化を逃さない繊細なカーボンソリッドティップと、フッキングレスポンスを求めた張りの強いべリーとバットが特徴。操作時は超ファーストアクションに感じ、負荷を掛ける毎に徐々にスローアクションに可変していきます。ライトゲームで出番の多い1g程のジグヘッド単体での操作から、3g程までのスプリットショットやライトキャロに対応。フロロカーボンやエステルといったモノフィラメントラインの使用と、軽量化を狙ってバット部にはATガイドを採用。

ルナキア LK6102S-MLT

リアクション特化型モデル
連続した操作に対応する為に全体的に張りを高め、負荷を掛けるとパラボリックに曲がるアクションが特徴。 1~2g程のジグヘッド単体を使ったワインドから、3gまでのメタルジグやメタルバイブなど、ロッドワークで誘い・掛けていく事に特化させました。 マグナフレックスを活かし、チューブラ構造がもたらす感度がバイトを逃さず掛けていく事が出来ます。 極細のPEラインの使用を考え、Kガイドを主体としたガイドを採用(モノフィラメントラインも対応)

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-ロッド, 天龍/テンリュウ