ティクト(TICT) リール

ティクトから新発想のボビン式カスタムスプール「CBS SPOOL-D」が登場!

アジングなどライトゲームでお馴染みのメーカー「ティクト(TICT)」から、カセットボビン式で簡単にスプールが入れ替えられるカスタムスプール「CBS SPOOL-D」が登場しました。発売は2017年1月中旬頃のようです。

カスタムスプール「CBS SPOOL-D」の特長

[ティクト]カスタムスプール「cbs spool-d」

[ティクト]カスタムスプール「cbs spool-d」

カスタムスプール「CBS SPOOL-D」はスプール自体がカセットボビン式。

通常はドラグノブを外しスプール全体を入れ替えるのですが、このカスタムスプールでは、ドラグノブからスプールを外す必要なく、上の写真のように、スプールエッジをクルクルと回すことで、スプールエッジ部分の傘のような部品を外しボビン部分(ラインを巻いてある部分)を取り替えられる仕組みになっています。

ボビンだけ単体で購入可能

最初見た時の正直な感想としては「結局ドラグノブ回すのが、スプールエッジに変わっただけやん」でしたが情報を見ていると、このカスタムスプール導入の一番のメリットは、「ボビン部分だけ追加していけること。で、そのボビンが安い(定価3000円)」。それとボビン部分だけなので、通常スプールを沢山持つのに比べると、かさばらないのが良い点。

「CBS SPOOL-D」の適合モデルは、ダイワの15イグジストと16セルテートの1003〜2004番、その他はダイワのRCSスプール適合リールの1000番〜2000番なので、当然ですがティクトが得意とするアジング等のライトゲーム使用をメインに考えられたものです。

たしかに状況に合わせてPEライン、フロロカーボン、エステルラインと基本3種類のラインに、ラインの太さを替えていくライトゲームでは、スプールが沢山欲しくなりますね。

15イグジストや16セルテート、RCSスプールを替スプールとして新たに追加しようとすると、1つ約1万円程かかるので、大量にスプールを用意したい方には、ティクトのカスタムスプール「CBS SPOOL-D」はコスト的にメリットのある方法かと思います。

ちなみに、トミー敦さんが15イグジスト使ってるから、とりあえず売れ行きなど様子見てダイワだけなのでしょうか。

ドラグ性能はどうなんだろう?

TAGドラグ

TAGドラグ

気になる部分はドラグ性能ですが、公式サイト上には「急なスピード変化にも安定したドラグ力を発揮するオリジナルドラグ[TAGドラグ]を搭載」とのこと。この辺りは紹介動画を見ましたが、実釣の様子など詳細については特に言及されていませんでした。

スプールバンド付き

スプールバンド付き

あと、細かい部分で良いなと思ったのは、スプールバンド。ラインサイズのシール?みたいなのを貼り付ける場所が付いてるのが良いですね。このスプールバンドだけ別で売ってくれないかな〜。※シールは別売りのようですが。

カスタムスプール「CBS SPOOL-D」のスペック

カスタムスプール「cbs spool-d」のスペック

カスタムスプール「cbs spool-d」のスペック

カラーは冒頭の画像が実際のものですが、シャンパンゴールドもしくはレッド。単体で発売されるボビンのカラーはシャンパンゴールド、レッド、ガンメタ、ブラック。ライトゲーム用なので重たさも気になるのですが、記載が無かったです。

定価18,000円(税別)で、スプール部分1つ、ボビン部分2つ、スプールバンド2つが含まれています。ですので、1つ導入すると通常スプール2つ分という感じ。実売価格にもよりますが、正規品スプールが1つ1万円前後なので2つだけなら、導入メリットが薄いかもしれないですね。

定価3,000円の替えスプールを数個導入するとお得感が出てきますので、がっつり替えラインを用意したい方には良さそうですね。

TICTのカスタムスプールの紹介動画

アングリングソルトでティクトのトミー敦さんが紹介されています。(動画の2分18秒以降がスプールについて)

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-ティクト(TICT), リール
-

© 2021 つりにいく