釣り&タックル情報サイト

つりにいく

シマノ(SHIMANO) リール

19ヴァンキッシュが最大40g平均20gの超軽量化で最も軽いスピニングに!

更新日:

19ヴァンキッシュも16年モデルから3年を経てのリニューアルとなります。驚くべきは最大40gという大幅な軽量化。そもそも、16ヴァンキッシュ自体が現役バリバリの超軽量モデルであることを考えると、マイナス40gというのは驚異的ではないでしょうか。

19ヴァンキッシュとは?

19ヴァンキッシュ

19ヴァンキッシュ

最大の特長はなんといっても、あんなに軽かった16ヴァンキッシュが更に軽くなった事。全モデル平均で20gマイナス。そして19ヴァンキッシュ4000XGにおいては、冒頭にも書きましたが40gの軽量化で何と自重200gです・・・。

軽量化の結果

軽量化の結果

これは公式に書いてありますが、15ストラディック1000番(最小番手)と同じだとか。恐ろしい軽さ。これは、各パーツの素材の見直しや、肉抜きなど徹底した結果の賜物。

19ヴァンキッシュ

19ヴァンキッシュ

もちろん、軽くなったからといって強度をおろそかにしている訳では無さそう。ハガネギアやハガネボディ、そして防水機構Xプロテクトなど耐久面でも抜かり無しという感じ。

軽くなっただけではない

ロングスプール

ロングスプール

そして、19バンキッシュは軽量化だけではなく、もちろんその他の性能もアップ。従来より長いスプールになってチェンジし距離が向上。従来品よりも約4%程度アップしているとの事。

マイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブなど2018年の目玉だった18ステラに搭載されている機能ももちろん採用されています。

デザイン

19ヴァンキッシュ

19ヴァンキッシュ

18ステラ2500S

18ステラ2500S

デザインも18ステラよりのシルバーを基調とした、シックでシンプルなデザインに大幅に変更されています。ダイワの18イグジストなどもそうですが、最近はこのシルバー基調のシンプルな見た目がトレンドなのでしょうか。先日発表された19セルテートも確かそんな感じだったような。

19ヴァンキッシュまとめ

19ヴァンキッシュ

19ヴァンキッシュ

ということで、19ヴァンキッシュこれまた楽しみなリールが登場しましたね。ラインナップも、のっけから15種類も用意されているという力の入れよう。19ステラSWと合わせて19フィッシングショーの目玉コンテンツとなりそうです。会場でいち早く触ってみたいですね!更に詳しくはシマノ公式サイトをご覧ください!

2019新製品
19ステラSW
19ステラSWが誕生!6年ぶりのモデルチェンジで何が変わった?

こんにちは。19ステラSWが登場しましたね!来年でるんじゃ?みたいな噂がちらほら出てたのですが、ようやく全貌を表しました。6年ぶりのリニューアルということで、首を長くして待っていたアングラーも多いので ...

続きを見る

2019新製品
19セルテート
19セルテートが全モデル「モノコックボディ」となって誕生!

ダイワのハイエンドスピニングリールの1つ「セルテート」が3年ぶりにモデルチェンジ。19セルテートとなって登場しました。19フィッシングショーのダイワの目玉リールの1つですね。個人的にも13セルテート、 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-シマノ(SHIMANO), リール
-,

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.