シマノ(SHIMANO) リール

激軽!22ミラベルはフルCi4+のお手頃スピニング【シマノ】

新しくリリースされたシマノ「22ミラベル」。ほぼフルCI4製+ってことで値段の割にはかなり軽量なリールに仕上がっています。

世界戦略機と日本の公式サイトではあまり見ない宣伝文句だったので、USシマノのサイトを見てみると確かにミラベルが掲載されています。まぁ22ミラベル以外にもアルテグラやサステイン、ステラやツインパワーXDなど掲載されているアイテムもあったり無かったりなので、差別化されているようです。

サハラのリアドラグ版
サハラのリアドラグ版

余談ですが、USシマノで気になったのが日本では見かけないリアブレーキリール(リアドラグ)搭載機が何個かあること。国内だとアオリスタとアオリスタBBぐらいって感じだと思いますが、USにはサハラ、シエナ、カタナっていう名前のやつもありました。日本だとリアブレーキリールってヤエン釣り向けって感じなので、ニーズがあまり無いのかもしれませんが海外では人気なんでしょうかね(コイ釣りとか?)。安価なリアドラグリールって種類が無いので、サハラのリアドラグなんかは結構売れそうな気もしますが。

手頃で激軽な「22ミラベル」

22ミラベル
22ミラベル

22ミラベルはシマノリールのカテゴリで言う「MGLシリーズ」。MGLとはマグナムライトの略で自重の軽さと巻き出しを最も重視しています。19ヴァンキッシュというリールが2022年7月時点のでハイエンド機となります。ちなみに、コアソリッドというシリーズがあって、こちらは軽量さや剛性や堅牢さなどをバランスよくとったリールという感じで、ステラが頂点にあります。

ボディとローターがCi4+製
ボディとローターがCi4+製

ボディの大部分とローター部分にシマノ独自のカーボン樹脂素材「Ci4+」が採用されています。その最大の特徴は「軽さ」ですが、剛性も十分に担保されており、多くの釣りジャンルにとってメリットが大きいです。特に巻き出しの軽さや、感度の高さなどには非常に優位性があると思うので、個人的にはアジングやメバリング、トラウトやチニングなどライトゲームと呼ばれるジャンルの釣りにはピッタリだと思います。

比較

21アルテグラ22ミラベル21ナスキー
マイクロモジュールギアⅡ--
Xプロテクト--
ロングストロークスプール--
サイレントドライブ
コアソリッド/MGLコアソリッドMGL-
ウォームシャフト オシュレーション--
自重(2500S番比較)220g200g240g
総ベアリング数5/15/15/1
価格比較(税込:2022年7月時点)19,500円12,000円10,000円

シマノ公式サイトに掲載してあった比較表。同じぐらいのカテゴリのシマノリールを比べてあります。価格に関しては若干番手が違うので誤差はあると思いますが、ざっくりと上記のような感じです。

21アルテグラはシリーズは違いますがリールの機構まで含めてワンランク上というのが良く分かりますが、このクラス帯で2,000円違いで自重40g違うってのを考えると21ナスキーの立ち位置が微妙な気もしますね。数字と機能だけ見るとマグナムライトローターを搭載した22ミラベルが優位ですね。

ラインナップとスペック

品番最大ドラグ力自重(g)フロロ(lb-m)PE(号-m)最大巻上長ハンドル長さベアリング本体価格
10003175-0.8-240,1-19066cm455/114,400円
C2000S31803-110,4-85,5-650.6-150,0.8-110,1-8066455/114,400円
C2000SHG31803-110,4-85,5-650.6-150,0.8-110,1-8079455/114,400円
25009205-1-320,1.2-270,1.5-22073555/115,700円
2500S42054-130,5-100,6-800.6-200,0.8-150,1-12073555/115,700円
2500SHG42054-130,5-100,6-800.6-200,0.8-150,1-12091555/115,700円
C30009205-1-400,1.5-270,2-20073555/115,700円
C3000HG9205-1-400,1.5-270,2-20091555/115,700円
400011245-1-490,1.5-320,2-24075555/117,000円
4000XG11245-1-490,1.5-320,2-24099555/117,000円
C5000XG11270-1.5-400,2-300,3-200105555/118,000円

22ミラベルは1000番から4000番まで豊富なラインナップが最初から用意されています。実売価格はざっくりですが、現時点で11,000円〜13,000円ぐらいっぽいですね。

よほど過酷な使い方でなければ、カーボン樹脂であるCi4+の軽量さの方がメリットが大きいと思うので、エントリークラスの価格帯ですが、この軽さは感度にも繋がるので良いと思います。

予約はスタートしていますが、22ミラベルの発売は2022年10月予定です。人気でそうですね!

みんなの意見

22ミラベル ほしい?
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

釣歴30年以上。海釣りがメインで船や陸からのルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った旬の魚は家族と一緒に美味しく食べています。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。最近の好きな釣りは、イカメタルやオモリグ、タチウオテンヤ、メバリング、アオリイカのヤエン釣り、バチコン、ジギングやキャスティング。

-シマノ(SHIMANO), リール
-