ダイワ(daiwa) リール

18レガリスLTが誕生!入門スピニング対決、18フリームスとの違いは?

18レガリスLTが誕生しました。誕生といっても先行してUSダイワで発売されたいたスピニングリール。2018年の入門リールの目玉だった18フリームスよりも1ランク下の設定のものですが、コスパが良さそう。気になるリールですね。見てきましょう!

18レガリスLTの特徴

18レガリスLTは、もちろんLTコンセプトのリール。ダイワのスピニングリールラインナップの中でLTを取り入れたものとしては、一番手頃なランクのリールとして登場しました。元々12レガリス?があったと思うのですが、しばらくダイワのリールラインナップからは消えていたモデルです。

LT(LIGHT TOUGH)とは?

ボディ、スプール、ハンドルといった細部までの徹底した軽量化へのこだわり。リールの心臓部となるギア、そしてそれを包み込むボディのマテリアルをよりタフなものへと進化させ生まれたダイワ小型スピニングの新基準、それがLT。

搭載技術

  • 小型スピニングリール新基準[LT(LIGHT TOUGH)]
  • エアローター
  • ATD(オートマチックドラグシステム)
  • タフデジギア
  • パーフェクトラインストッパー
  • LC-ABSスプール(新スプールデザイン)

などのダイワ最新技術を搭載しています。

ラインナップ

最初から豊富なラインナップが用意されていますね。

18レガリスLTの番手巻取長ギア比自重ドラグ力ナイロン(lb/m)ブレイド(号/m)ベアリング数定価
LT1000S645.218552-120
2.5-100
3-70
0.2-210
0.3-200
0.4-130
5/19,800
LT2000S685.219052.5-200
3-150
4-100
0.4-200
0.5-170
0.6-150
5/19,800
LT2000S-XH816.219052.5-200
3-150
4-100
0.4-200
0.5-170
0.6-150
5/19,800
LT2500D755.3210108-220
10-190
12-150
1-360
1.2-300
1.5-230
5/110,300
LT2500S-XH876.2205104-150
5-120
6-100
0.6-200
0.8-190
1.0-140
5/110,300
LT3000D-C805.32201010-260
12-200
16-150
1.2-430
1.5-300
2-230
5/110,300
LT3000-CXH936.2220108-150
10-120
12-100
1-200
1.2-190
1.5-170
5/110,300
LT3000S-C-DH805.3230104-230
6-150
8-100
0.6-290
0.8-200
1-190
5/111,300
LT4000D-C825.22451210-330
14-230
20-150
1.5-430
2-300
2.5-260
5/111,000
LT4000D-CXH996.22451220-150
14-230
10-330
1.5-430
2-300
2.5-260
5/111,000
LT5000D-CXH1056.22501225-150
20-170
14-260
2-350
2.5-300
3-210
5/111,000

18レガリスLTと18フリームスとの違いは?

18フリームス

18フリームス

18レガリスLTと18フリームスとの違いですが、フリームスはピニオン部分にマグシールドが搭載されています。この他にも18フリームスは、エアベールや、ツイストバスターII、薄肉アルミ製スプールを採用していると記載があります。

2018年8月現在、18レガリスLTが11機種、18フリームスが14機種がラインナップされています。ちなみに、LT2500S-DH、LT3000、LT5000D-C、LT6000D-Hの4機種は18フリームスのみ、LT3000S-C-DH は18レガリスのみとなっています。

また、同じ番手の自重を比べて見ると、1000番・2000番台の自重は同じですが、2500番台から上は18レガリスの方が5g程重たいですね。使用しているベアリング数はどちらも同じ。18フリームスのハンドルはねじ込み式で、18レガリスは供回り式になっています。

搭載機能比較18レガリスLT18フリームス
LTコンセプト
マグシールド◯(ピニオン部分)
ATD
エアローター
タフデジギア
エアベール
ツイストバスターⅡ
薄肉アルミ製スプール
LongCastABSスプール
ハンドル供回り式ねじ込み式

↓フリームスの詳細はこちら

フリームス
18フリームス
LTコンセプト初搭載「18フリームス」を触ってきた!入門リールの決定版になりそうな予感。

出典:ダイワ 18フリームス こんにちは。ダイワから来年発売される新モデルの最新スピニングリール「18フリームス」が登場しました。 注目すべきは、LTコンセプト(ライト&タフコンセプト)と呼ばれる20 ...

18レガリスLTが高コスパ!

実売1万円以下と非常に手頃ですが、十分に軽量ですし、オートマチックドラグシステム(ATD)も搭載しているので安心して釣りができますね。これからシーズン本番を迎えるアジングやエギング、ワインド何かにも良さそうです。

ちなみにマグシールドを搭載してないので、メンテナンスフリーでは無いですが、人によってはそれもメリットかも。ベアリングを追加してみたり、カスタマイズしてみるのも良さそうですね!

2018年9月頃の発売を予定しているようで、既に予約は受付中みたいです。気になる方はチェックしてみて下さい!

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-ダイワ(daiwa), リール

© 2021 つりにいく