釣り&タックル情報サイト

つりにいく

ダイワ(daiwa) リール

LTコンセプト初搭載「18フリームス」を触ってきた!入門リールの決定版になりそうな予感。

更新日:

こんにちは。ダイワから来年発売される新モデルの最新スピニングリール「18フリームス」が登場しました。

注目すべきは、LTコンセプト(ライト&タフコンセプト)と呼ばれる2018年度に発売される多くのダイワリールが取り入れるであろう機構です。それでは見ていきましょう!

フィッシングショーで触ってきました。短いですが動画などを下記に掲載してます!

18フリームスの特長

18フリームス

18フリームス

18フリームスは、旧モデルの15フリームスからちょうど3年というタイミングでのフルモデルチェンジとなっています。見た目も大きく変わりシルバーを基調としたデザインに。先行でアップされている動画を見ると少し青みがかったシルバーにも見えます。

ダイワ:フリームス(FREAMS)

ダイワ:フリームス(FREAMS)

ちなみに、旧モデルはこんな感じのデザインとカラーリングでした。全く違う感じになってますね。

独自カーボン素材ザイオンではなく、スーパーメタルボディを採用していて正直重たかったのですが、その分堅牢なリールの印象でした。なので、ライトゲーム向けという感じでは無かったと思います。

あとは世の流れとしてリールに限らずタックルの「軽量化」みたいなのがあるので、どうしても重たいものよりも、軽いものの方が売れるんでしょうね。

18フリームスを触ってきたよ。インプレなど。

フィッシングショーで最新の18フリームスを触ってきました。

1万円ちょっとで購入できるリールとしては、かなり高級感あふれる感じで、すごい格好良かったです。回してみた感じも、スムーズで巻き心地も非常に良いです。

もはや高級リールは必要無いって気もするぐらい(笑)

LT(ライト&タフ)コンセプトとは?

LTコンセプトについて

LTコンセプトについて

18フリームスが初採用となるLTコンセプト(ライト&タフ)で中身も大きく変わり、徹底的な軽量化、そして軽いけど強いという耐久力を目指した全面刷新に近い内容となっています。

具体的には、ボディ、ハンドル、スプール、ドライブギアと主要パーツの殆どを見直している点。そして、その結果としては旧モデル2500番と比べて60gと驚異的な軽量化を実現しています。(前述しましたが、旧フリームスがスーパーメタルボディを使用しており重ためだったのもあります)

また、マグシールドやATD(オートマチックドラグシステム)、エアローターは新モデルにも踏襲され搭載されています。※マグシールドはピニオン部分だけとのこと。

ねじ込み式ハンドルに変更

軽量化はもちろんですが、この価格帯のリールとしては非常に嬉しい「ねじ込み式」のハンドルです。ガタも少なくなるでしょうし、これは良いですね!ちなみに旧モデルは折り畳み式でした。

ロングキャストABS

従来のABSスプールに比べて5%飛距離アップ。バッククラッシュも10%低減。

新タフデジギアを搭載

軽量化ばかりではなく、リールの心臓部であるドライブギアを大型化し強化。耐久性をアップ。

パーフェクトラインストッパー

凄い名前ですが、要は今までのラインストッパーより、より細いラインもより太いラインも対応できるようになったとのこと。

18フリームスのスペック

18フリームスのスペック

18フリームスのスペック

LTコンセプトを採用したリールは番手の頭に「LT」が付くようになるみたいですね。シマノのリールの見方に近くなった感じがします。

LTコンセプトリールのスペックの見方

(例)FREAMS LT2500S−C XH DH

  • FREAMS=商品名
  • LT=LTコンセプトリール
  • 2500=リールサイズ
  • S=浅溝スプール(D=深溝/無=標準/SS=超浅溝)
  • C=コンパクトボディ(1サイズ小さいボディサイズを表します)
  • XH=ギヤ比(P=~4.9/無=5.0〜5.4/H=5.5~5.9/XH=6.0~)
  • DH=ダブルハンドル(特殊表記)

18フリームスのスペック表

番手 巻取り長
(cm)
ギア比 自重
(g)
最大ドラグ
(kg)
ナイロン
(lb-m)
PE
(号-m)
ベアリング 定価
LT1000S 64 5.2 185 5 2.5-100 0.3-200 5/1 15,800
LT2000S 68 5.2 190 5 3-150 0.4-200 5/1 15,800
LT2000S-XH 81 6.2 190 5 3-150 0.4-200 5/1 15,800
LT2500D 75 5.3 205 10 12-150 1.2-300 5/1 16,800
LT2500S-XH 87 6.2 205 5 4-150 0.6-200 5/1 16,800
LT2500S-DH 75 5.3 220 10 4-150 0.6-200 5/1 17,800
LT3000D-C 80 5.3 215 10 16-150 1.5-300 5/1 16,800
LT3000S-CXH 93 6.2 215 10 6-150 0.8-200 5/1 16,800
LT3000 77 5.2 225 12 8-150 1-200 5/1 18,500
LT4000D-C 82 5.2 240 12 20-150 2-300 5/1 18,500
LT4000D-CXH 99 6.2 240 12 20-150 2-300 5/1 18,500
LT5000D-C 87 5.2 250 12 25-150 2.5-300 5/1 19,500
LT5000D-CXH 105 6.2 250 12 25-150 2.5-300 5/1 19,500
LT6000D-H 101 5.7 330 12 30-150 3-300 5/1 20,000

最後に

18フリームス

18フリームス

18フリームス、定価が15,000円〜20,000円の間となっているので、番手にもよりますが、恐らく実売価格だと1万円台前半から手に入るリールとなりそう。このスペックでこの価格帯だと、かなりお手頃で入門リールとしては、最良の選択肢かもしれませんね。

来年開催されるフィッシングショー関連で各社から新リールが登場すると思いますので、色々と注目して見比べて行きたいと思います!

↓既に予約しているとこもありますね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-ダイワ(daiwa), リール

Copyright© つりにいく , 2018 All Rights Reserved.