アジング ジグヘッド・シンカー メバリング ライトゲーム ルアー/ワーム/ジグ ルーディーズ/RUDIES

ルーディーズから初のメバル用タックル「メババイブヘッド」と「メババイトワーム」が登場!

尺メバルハンターとして知られる金丸竜児さんが立ち上げたRUDIE’S(ルーディーズ)から、待望の初メバリング用タックル「メババイブヘッド(メバVIBE HEAD)」「メババイトワーム(メバBite WORM)」が登場しました。特にメババイブヘッドが今までに無い感じで使ってみたいと思わせますね。どちらも2016年12月末頃に発売のようです。

ルーディーズから先行して発売されていたロックフィッシュ用ジグヘッドとワームです↓

メバリング用ジグヘッド「メババイブヘッド」の特長

メババイブヘッドの特長

メババイブヘッドの特長

大きな目と3種類のラインアイが印象的。前方のラインアイは「ノンスイム」、真ん中と後方のラインアイは「スイミング」と1つのジグヘッドで2通りの動きを演出し「アミパターンとシラスパターン」を攻略できるのが最大の特長。

スイミングの場合は、ウォブリングを発生し強めの波動でアピール、シラスパターン等に最適。ノンスイムの場合は、I字形アクションで静かにアピールしアミパターン等に有効とのこと。

フックも大型に対応できる平打タイプのオリジナルフックを採用しているようです。

  • スイミングポイントにスナップをセットした状態で使用すると、ウォブリングアクションを発動、周囲に強波動でアピール。主にシラスパターン等の高活性時に効果絶大です。
  • ノンスイムポイントにスナップをセットした状態で使用すると、I字系アクションとなり、弱波動で静かにアピール。主に厳寒期のアミパターン等の低活性時に効果絶大です。
  • シラスパターンもアミパターンもこれ一つで攻略可能な万能ジグヘッド。
  • フックは掛かりを重視し、5度傾けたオープンゲイブを採用、一度、口に入ったら高確率でフッキングできるほか、打ち加工を施し、伸びに強く、更に、スズ(Sn)メッキ採用で海水にも強いオリジナルフックです。
  • 低重心でフックは常時、上側を向くよう設計、フッキング率の大幅な向上に加え、根掛かり回避率も高いジグヘッドです。

同時発売のメババイトワームとは?

メババイトワーム(メバBite WORM)

メババイトワーム(メバBite WORM)

メババイブヘッドとのマッチングもバッチリな「メババイトワーム」も同時に発売。

ピンテール型のワームで特長は、ワーム中央部にある六面体部分にバイトマーカーとしてケイムラを使用することで、フックポイントとして機能し、効果的にメバルを掛けられるようになっているようです。画像はイラストベースですが、メババイブヘッドを取り付けたイメージになっています。

[ルーディーズ]メババイブヘッドとメババイトワームのスペックなど

メババイブヘッドは凝ったジグヘッドなので、4個で450円とシンプルなジグヘッドに比べると少し高めの設定ですが、手間などかかってそうなので、ある意味安いのかな。

メババイトワームは12本入りで定価370円と良心的な値段設定ですね。どちらも、もうすぐ発売されるようなので、メバリングに使ってみたいですね!

メババイブヘッド(メバVIBE HEAD)
重 量:1.0g|1.3g|1.5g|1.8g|2.0g|2.3g
入 数:各4個入り
定 価:450円
発 売:2016年12月末頃

メババイトワーム ケイムラ(メバBITE WORM ケイムラ)
カラー:クリアー|クリアブラウン|クリアイエロー|クリアオレンジ|ピンク|パールホワイト
入 数:12本
定 価:370円
発 売:2016年12月末頃

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-アジング, ジグヘッド・シンカー, メバリング, ライトゲーム, ルアー/ワーム/ジグ, ルーディーズ/RUDIES
-