釣り&タックル情報サイト

つりにいく

電動リール用バッテリー

電動リールにおすすめのバッテリーをご紹介!選び方や実際に買ったものなど。

更新日:

電動リールに最適なバッテリーをご紹介!どハマり中のタチウオテンヤ。1月ともなると、タチウオの層が深場に移るようで、深いと130mラインあたり。さすがに40号(約150g)のテンヤを手巻きで上げ下げ・・・となると非常にシンドイな〜と。ってことで、ダイワのシーボーグ200j ltdを購入しました。そして、電動リールに必要なのはバッテリーです。個人的に購入したものや、調べて良さそうだったものをピックアップしています。

電動リール
極鋭+シーボーグLTD 200J
おすすめ電動リールを紹介!太刀魚釣りに私が買ったのはコレ!

昨年はじめたタチウオテンヤ釣り。非常にテクニカルで奥深くどっぷりハマりました。最初はカウンター付きの両軸リール「オシアコンクエストct」を使っていたのですが、シーズも終盤に近づいたこの頃は、タチウオの ...

続きを見る

電動リールのバッテリーの選び方

電動リール

電動リール

電動リールのバッテリーには大きく分けて2種類存在しています。1つは鉛バッテリー。もう1つはスマホなどにも使われているお馴染みのリチウムイオンバッテリー。それぞれ特長があります。

鉛バッテリーの特長

  • 安価
  • 大きくて重たい
  • 放電するにつれて出力が下がりやすい

リチウムイオンバッテリーの特長

  • 高価(鉛バッテリーの5倍前後)
  • 小型で軽い(鉛バッテリーの1/4程度)
  • 電圧が高く出力が最後まで安定している(鉛バッテリーより2割程度強い)
  • 繰り返し使える回数が多い

容量と電圧

水深・使う仕掛けの重さ・対象魚・電動リールのサイズによってバッテリーの必要容量も異なってきますが、2.6ah〜11.6ahぐらいのものが主流。数字が大きくなるほど容量が大きいものとなります。大型電動リールを除けば、基本的に10ahほど容量があれば1日分の使用に十分耐えられる容量です。

電圧は鉛バッテリーだと12V、リチウムインバッテリーだと14.4V〜14.8V。最近の電動リールはリチウムイオンバッテリーの使用を前提とした設計されており、電動リールの最大パワーを引き出すならリチウムイオンバッテリーが良いです。

防水性

船上で使うので、ある程度の防水性が欲しいところ。電動リール用リチウムイオンバッテリーはボディ自体が防水タイプのものが多いです。※完全防水では無く生活防水レベル。

鉛バッテリーの場合は、バッグのようなものが付属していて、その中に入れて使用する形です。ただし水拭き程度は問題なさそうですが、防水レベルは高くないようです。

船の電源ではだめなの?

船の電源はだめ?

船の電源はだめ?

電動リールにバッテリーが必須か?と言われると、電源が取れるようになっている船もあるので、無くても大丈夫といえば大丈夫。ただし船からの電源は一般的に安定しないと言われています。それは、その時々に船電源を使用している人数や船自体のバッテリー電圧に左右されるためです。なので、電動リールの力をいかんなく発揮するためには、やはりバッテリーの持ち込みがおすすめ。

おすすめバッテリー

モンクロスのリチウムイオンバッテリー

モンクロスのリチウムイオンバッテリー

購入前に電動リールに使えるバッテリーを色々と調べてみたのですが、意外にメーカーも種類も少ない感じでした。ということで、購入したものや、主要な電動リール用バッテリーをピックアップして紹介します。※充電器付きのもの。

ウッドマン:シーキング

鉛バッテリーの大本命という感じ。口コミも良い製品で周りで使っている人も多いです。12V12AHで容量も十分。実売7,000円程度と電動リール用のバッテリーとしてもかなり手頃な部類です。電極版にカルシウムが入っているため自然放電しにくいという特長があります。最後までこれにしようかな〜と悩みましたが、リチウムイオンを使ってみたかったので別のにしました。

仕 様:DC12V 12Ah
サイズ:98(H)×151(W)×95(D)mm
重 量:3.4kg

ダイワ:タフバッテリー

ダイワから発売されている鉛バッテリーが「タフバッテリー」。私が知っているような大手メーカーから出ているのもはこれだけでした。実売1万円ちょっとと、同性能の他社鉛バッテリーと比べて若干割高感はありますが、対応している電動リールが明記されているなどサポート面は期待できるかもしれませんね。20Ahというより大容量のサイズも用意されています。

仕 様:DC12V 12Ah
サイズ:約98×151×98mm
重 量:4kg

ダイワ スーパーリチウム 11000WP C

大容量の11ah。使用条件は分かりませんが、シーボーグ200Jを1日中使っても1メモリも減らなかったとかなんとか。残量チェックボタンの反応が悪いなどマイナス評価もありましたが、船でも良く見かけるバッテリーです。水に沈めちゃうと駄目みたいですが、流水で洗えるぐらいの防水性能があります。まぁでもやっぱり高価なんですよね。もうちっと安いと有り難いかな。

仕 様:11Ah
サイズ:約92×202×46mm
重 量:1190g

ダイワスーパーリチウムBM2600 C

容量は小さく軽量、そしてバッテリーケーブルから開放されるのが最大の特長。電動リールとバッテリーが直結可能です。ちなみにシマノの電動リールも使えるようです。公式サイトには、ダイワ400番サイズ以下の電動リール向けと記載があるように、あまり大型電動リールや高負荷な釣りには向いて無さそう。1個だと心許ないなので、2本ぐらい欲しくなります。ただ、容量の割にはかなり高いので、お財布が許せばって感じでしょうか。評判は良さそうですよ。

仕 様:2.6Ah
サイズ:約98×151×98mm
重 量:280g

シマノ:電力丸

シマノの大容量リチウムイオンバッテリー。電動リールと魚探「探見丸」の同時使用が可能。口コミの評判も良く信頼性が高く間違いなさそうです。ただ、同じようなスペックで考えると最も高価です。

仕 様:14.8V 10Ah
サイズ:182×90×H100mm
重 量:1.3kg

BMO JAPAN:リチウムイオンバッテリー

リチウムイオンバッテリーなどの様々な2次電池を供給している国内メーカー。フィッシング事業部にて釣り用アイテムや電動リール用バッテリーなども製造しています。バッテリー自体は中国リチウムイオン電池メーカーと提携しバッテリーパックを供給しています。防塵防水性能もIP65と防水性能が高いのも良いですね。3つまで鰐口が繋げれるのも特長。

仕 様:DC14.4V 11.6Ah
サイズ:W209×D112×H70.5mm
重 量:1.4kg

八洲電業:フッシングキューブ

創業から50年以上と老舗の国内バッテリーメーカー。フィッシングキューブシリーズを展開しています。12Vと14.8Vで容量も5Ah、10Ahの2種類があります。USB出力ができる残量チェッカーも付属。生活防水とスペック的には良い感じです。価格も同スペックの他社製品と比べてお手頃なのも魅力的です。

仕 様:14.8V 10Ah
サイズ:242W×90H×39D(mm)
重 量:1204g

モンクロス:リチウムバッテリー

私が購入したのがモンクロスのリチウムイオンバッテリー。8.7Ahと11.6Ahの2つの容量のモデルがあります。フィッシングマックスのみですが、格安になっていたので購入。元値3.5万円程度の8.7Ahが19,900円(税別)でした。防水性や容量チェック機能もあり、収納袋が付いているなど製品としても良い感じ。タチウオテンヤ(6時間釣行)で100%→82%と性能も良い感じです。

仕 様:14.4V / 8700mAh,14.4V / 11,600mAh
サイズ:242W×90H×39D(mm)
重 量:1204g

まとめ

モンクロス リチウムイオンバッテリー

モンクロス リチウムイオンバッテリー

電動リール用バッテリー、調べてみるとその時々で、値段が下がっているものや、新製品が出て安くなったものなど狙い目もあります。購入前にネットや店舗などをよく調べてお得なバッテリーを探すのも良いですよ!

電動リール
極鋭+シーボーグLTD 200J
おすすめ電動リールを紹介!太刀魚釣りに私が買ったのはコレ!

昨年はじめたタチウオテンヤ釣り。非常にテクニカルで奥深くどっぷりハマりました。最初はカウンター付きの両軸リール「オシアコンクエストct」を使っていたのですが、シーズも終盤に近づいたこの頃は、タチウオの ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-電動リール用バッテリー
-,

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.