釣り&タックル情報サイト

つりにいく

アジング アルカジック(arukazik)

アジングの最新フロートリグ「シャローフリーク エクスパンダ」とは?

投稿日:

シャローフリーク エクスパンダとは?

シャローフリーク エクスパンダとは?

アルカジックジャパンから開発中の最新フロートリグ「シャローフリーク エクスパンダ」の情報が公開されています。各メーカーからフロートが発売されていますが、色々と使ってみた中で個人的には使いすくて気に入っているのがシャローフリーク。ってことで、アジングでシャローフリークを良く使う私としても非常に気になるアイテムです。

アジングの最新フロートリグ「シャローフリーク エクスパンダ」とは?

アジングの番組や動画でお馴染みのアルカジックジャパンのテスター藤原真一郎氏。彼が開発したフロートリグがシャローフリークなのですが、このシャローフリークを更に発展させたものが「シャローフリーク エクスパンダ」。名前の通りexpandability(拡張性)を持たせた最新フロートリグで、従来完全に浮力固定だったシャローフリークに任意のオモリを装着することで、浮力調整が可能になったアイテムとなっています。

15gのフロート(シャローフリーク)

15gのフロート(シャローフリーク)

金属シャフト付き

金属シャフト付き

従来のシャローフリークとの違いはフロートの形状、そして金属シャフトが付いている事。これにより飛行姿勢が安定することで更に遠投できるようになったとのこと。(写真上側が従来のシャローフリークの形状)

オモリを追加で浮力調整

オモリを追加で浮力調整

そしてシャフトの根本に空いた穴に専用のウェイトを追加し浮力を調整することができます。

標準状態で浮力は0.6g

標準状態で浮力は0.6g

オモリを付けていない状態での標準浮力は0.6g。これに装着するオモリの重量で残浮力を調整していきます。

零モード

零モード

0.6gのオモリを追加すれば、残浮力0gとなりジグヘッドとリーダーの重みだけで、ジワジワと沈む状態になります(通称:零モード)、というように、釣り場の状況に合わせてアングラーが調整することで任意のレンジを攻めやすくなるという仕組み。基本的な考え方としては、深いところに落とすためのウェイト増量ではなく、流れに対してのリグの沈下速度の調整という意味あいが強いということ。

シャローフリーク エクスパンダの解説動画

 発売日や価格

シャローフリーク エクスパンダ

シャローフリーク エクスパンダ

シャローフリーク エクスパンダの価格や発売日はまだ公開されていないようですが、もうそろそろでしょうか。発売が待ち遠しいですね。今すぐに使いたい!って方は、ノーマル版のシャローフリークも使いやすいのでおすすめですよ。遠投するためのアイテムですし、個人的にはフローティングタイプも、シンキングタイプも重たいやつが汎用的に使えて良いと思います(ただし、ロッドの錘負荷は注意)。

↓フローティングタイプ。残浮力が0.8g。

↓シンキングタイプ。残浮力が−0.8g。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-アジング, アルカジック(arukazik)
-

Copyright© つりにいく , 2018 All Rights Reserved.