釣り&タックル情報サイト

つりにいく

釣果情報 イカメタル

イカメタル@久美浜沖!ケンサキイカ150杯以上と大爆釣〜!

投稿日:

こんにちは。週末に日本海久美浜沖までイカメタルに行ってきました。お世話になったのは、前回と同じくヴィーナスさん。優しい船長の遊漁船です。

 イカメタル@久美浜沖(日本海)

準備中@ヴィーナス

準備中@ヴィーナス

元々は8月24日に和歌山でイカメタル予定だったのですが、台風直撃でお流れ。台風の影響も無く釣行には問題無さそうってことで、急遽プラン変更で久美浜方面へ。台風後でしたが釣行日の前日の釣果は竿頭100杯以上と、状況も良さそうで期待が膨らみます。

そして、前日夜の出船確認時は私とMさんの2人で贅沢に貸し切り予定だったので、好きな事できるな〜と妄想を膨らませてたんですが、現地に到着すると「今日は7名になりました」と(笑)。18時出船予定でしたが、17時30分頃には全員集まったので早めの出船。

ケンサキイカの釣果は?

イカメタル@久美浜沖

イカメタル@久美浜沖

18時前にはポイントに到着。水深80mと少し深めのところ。船長によると潮が速めのようなので、30号のオモリグ仕掛けと、前回好調だった墨族スッテ(イサキ)でスタート。開始10分後ぐらいに、隣で釣っているMさんにヒット。何やらえらく重たいみたい。夕まずめのボトムで釣れる時って、大剣サイズみたいな大型が出やすいので期待していると、残念ながら30〜40cmぐらいのエイでした・・・。

エイのヒット後すぐに、私のロッドに違和感。合わせると微かにジェット噴射しているような、していないような。上がってきたのはヤクルトサイズのケンサキイカ。エイのヒット後に、パタパタと周りでも釣れ始めますが、サイズが全体的に小さめ。すぐにポイント移動することに。北西の方へ船を走らせ水深90mのポイントへ到着。

既に薄暗かったので、早々に集魚灯を点灯。水深は90mですが、40m前後を狙ってみたくださいとのこと。一旦ボトムを取り棚を刻みながらあげてくると75m付近でアタリが。シャクリを入れて誘いステイを入れると、クンッとのってきました。同じ棚で3〜4杯追加。徐々に棚をあげながら探っていきます。

ケンサキイカ

ケンサキイカ

20m前後にベイトが集まっているという船長からのアナウンス。暫くすると一気に棚もあがり25m〜20mラインでアタリがでるように。19時30分か20時ぐらいだったと思いますが、このぐらいから、ほぼ入れ食い状態。20m前後までスッテやエギを落とし、少しアクションを入れてステイすると、すぐにノッてくるという感じ。1投1ヒット。

今回使用したスッテやエギ

今回使用したスッテやエギ

どんなルアーでも喰ってくる状態でしたが、その中でも赤緑のスッテ(コロコロスッテの赤緑や墨族スッテの赤緑)に超好反応。ドロッパーと鉛スッテ、両方とも赤緑を使用していれば、毎投ほぼダブルで上がってくる状態でした。一番反応が濃かったのは10〜20mの間でしたが、釣ろうと思えば一番浅い棚だと3m付近と、ほぼ表層でも釣れるような状態。これが納竿23時55分まで継続しました。

途中、あまりに釣れるのでちょっと飽きてしまい、私はバチコン(オモリグのスッテをワームに変更)でアジ狙いに変更しましたが、釣れるのは鯖(といっても30〜40cmと良型)とサゴシ。私は大丈夫でしたが、数名はサゴシにラインカットされていました。

ケンサキイカのサイズは全体的に小さめで牛乳瓶サイズが中心、良くてペットボトルぐらい。良型狙いであえて大きいエギやシルエットの違うスッテなどを試してみましたが、残念ながら良型は狙っては釣れなかった。それでも、オモリグ+エギでやってた人にはマシなビール瓶サイズも見受けられました。

最終釣果としてはトータル150杯超えで30Lのクーラーボックスがイカで満タン。竿頭は220杯ぐらいで、Mさんも180杯ぐらいって言ってました。そして、家に帰ってからのイカ処理が地獄だったのは言うまでもありません(笑)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-釣果情報, イカメタル

Copyright© つりにいく , 2018 All Rights Reserved.