釣り&タックル情報サイト

つりにいく

釣果情報 イカメタル

オモリグ@日本海!ケンサキの型は良かったけど渋かった・・・。

投稿日:

こんにちは。先日は今季最終となるイカメタルに日本海まで行ってきました。お世話になったのはいつも利用させてもらっているハピネス2さん。あ、そうそう、船の上は既に肌寒いぐらいだったので、これから釣行される方は上着を持っていった方が良いですよ!

オモリグ@日本海!サイズは良かったけど渋かった・・・。

遊漁船「ハピネス2」

遊漁船「ハピネス2」

事前情報では釣行前日の釣果はありえないぐらい厳しかったよう。中々厳しい予感の中でしたが「1日でガラッと変わる事もあるやろう」なんて都都合よく考えながら現地に到着。

たぶん冠島

たぶん冠島

17時に出船し30分程走り冠島周辺でスタート。水深60m前後のポイントで明るいうちは船を流しながら探ります・・・が、船中誰もアタリ無し。ちょいちょい移動しながら何度か流し直しますが明るいうちは誰もアタリ無し。「やっぱ渋目っぽいな〜」なんて思いながら、少し移動してアンカリング先のポイントへ。

良型ケンサキからスタート!

良型ケンサキからスタート!

アンカリング後、少しして集魚灯が点灯。19時過ぎにようやく1杯目。全長で40cmあるか無いかぐらいの良型でした。墨族の浮きスッテ赤緑↑。ただ、連発する感じではなくポツポツと拾っていくような感じ。アタリも58mとか底付近でした。

初投入のアニサキスッテ様

初投入のアニサキスッテ様

鉛スッテは初投入のアニサキスッテ20号(オレンジ杉)。渋い中でしたが、結構良い仕事をしれくてました。後で分かりましたが「エギ」っぽい感じの姿勢とカラーがこの日にマッチしてたっぽいです。

2杯目も良型ケンサキ

2杯目も良型ケンサキ

1杯目から30分ぐらいあいてようやく2杯目・・・。やっぱり渋くてペースはあがりません。それでもたぶん船中2杯目ぐらいと皆様苦戦中。

ポツポツと釣れる感じ

ポツポツと釣れる感じ

集魚灯が効き始めてから船中でもあがるようになり、棚もベタ底から30m近辺と浮いているイカも出てきたよう。それでも1時間に3〜4杯ぐらいの超スローペース。

オモリグ仕掛けに変更!

今回のあたりエギ

今回のあたりカラーエギ

21時頃、右舷トモにいた方がオモリグ仕掛けで1人だけハイペースで釣るように。ってことで、オモリグ仕掛けに変更。

見ていると赤もしくは紫っぽいエギを使っていたようだったので、手持ちの近いカラーのエギ↑に変更すると一発。その後も毎投当たってきます。が・・・、このエギで3杯釣ったところで、何者かにラインをスパッと・・・。ちなみに、この日2つエギを持っていかれました。船中でタチウオやエソもあがっていたので、そのあたりの魚かもですね・・・(涙)

オモリグ用サルカンの説明

オモリグ用サルカンの説明

↑オモリグ仕掛けはこんな感じです。この日は20号のオモリグシンカーでいけました。

まとめ

ケンサキの型は良かった

ケンサキの型は良かった

この日はオモリグ(小型エギ)が圧倒的に強くて、船中ほとんどオモリグの釣果。あとはカラーがハマらないと釣れないって感じで、前述した赤やピンク・オレンジなどのカラーが良かったです。オモリグではありませんが前半、アニサキスッテ(オレンジ杉)が良かったのもカラーと形状が良かったっぽいですね。

でっかいスルメイカも

でっかいスルメイカも

ケンサキの型は全般的に良くて、大剣サイズに近いものも釣れていました。私は中剣止まりでしたが。ケンサキが14匹(1匹船長がくれました)、あとはスルメイカが2匹でトータル16杯と釣果は伸びませんでした。当たりエギをスパッとやられたのは痛かった・・・。ちなみに、竿頭の人は22杯との事。

ってことで、とりあえず2019年シーズンのイカメタルは今回で終了。昨年が当たり年でよく釣れたのもありますが、今年は個人的には厳しかったな〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-釣果情報, イカメタル
-,

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.