釣り&タックル情報サイト

つりにいく

釣果情報 アジング

んーやっぱり「活アジストレート」はずるいぐらい良く釣れる@アジング

投稿日:

こんにちは。昨晩はアジング@泉南に行ってきました。今回はジグ単のみタックル&活アジストレート禁止ルール(自分の中で)。

活アジストレートはずるいぐらい良く釣れる@アジング

当日の潮

当日の潮

実釣開始は19時20分頃。いつものポイントには地元のサビキ師おっちゃんが先に入っていたので、挨拶をして隣のテトラぐらいでスタート。1gのジグヘッドに先日良かったブリーデンのバチ(アミカラー)をセッティング。おっちゃんは既に毎投アジを釣り上げています。

私も数投目に1匹目ゲットし、その後もバラしながらもポツポツと追加していきますが、隣のおっちゃんのペースを考えると反応があまり良くないっぽい。この日、高校生の息子を帯同した釣友M氏は足場の良いところからフロートで遠投し快調にアジを釣っています。地元のおっちゃんは20時頃に「アジも食べ飽きたし帰るわ〜」とさくっと釣り場を後に。

15cmぐらいのメバル

15cmぐらいのメバル

ワームを色々とローテーションして使っていきますが、前回と比べてアジの活性がやや悪い感じ(十分釣れますが)。テトラ際を沈め気味にワームを通してくるとメバルがたまに顔を出してくれます。

ルール違反「活アジストレート」を使う

活アジストレート:グリーン

活アジストレート:グリーン

で、他のワームを一通り使ったので「ちょっと使ってみよう」と、ほんの出来心で活アジストレート使用のルール違反(笑)。それまで反応が悪い時間だな〜と思っていたのに、1キャスト目のフォールでコツンッとヒット。その後もやっぱり反応が格段に良い。他カラーの活アジストレートだとここまで顕著に反応は変わらないのですが、このグリーンは本当にやばい。

今シーズンは特に気に入ってこのカラーを良く使っていますが、メバリングやアジング時の食い渋りのタイミング(食い渋ってない時もですが笑)釣れない事は無かったはず。反応の良し悪しは日によって若干変わりますが、まさに鉄板カラーになってます。ただ、本当にもろい脆すぎる・・・。運が悪ければアジ1匹釣っただけでワームがボロボロになる事もあるので、よく釣れるけど消耗スピードも半端なく速いのでコスパ的には微妙。なので、使い所としてはやっぱり、どうしても反応が悪いな〜ってタイミングに切り札的に使うのが良いかもしれません。

アジングの釣果

アジの釣果

アジの釣果

ということで、後半、アジの反応が薄くなったタイミングから反則ワームを使いましたが、トータルでアジ23匹・メバル3匹(リリース)でした。

さて、このアジを使って何を作ろうかな〜。ちなみに、先日はアジの酢締めを作ってみました。ゼイゴや中骨を抜かなくて良いので割と楽ちんで美味しいです

  1. 鱗を取る
  2. 頭と内臓を取る
  3. 3枚におろす
  4. 身に塩を振ってバットに並べて30分ぐらい冷蔵庫で放置→出てきた汁を捨てる
  5. バットに酢を入れてアジの身を洗う感じでシャカシャカする。
  6. 一旦汚れた酢を捨てる
  7. 酢と日本酒(1:1とか適当に)を身が浸かるぐらい入れる
  8. 数時間〜半日ぐらい冷蔵庫で放置
  9. 皮をピロッと手で向いて食べる。
  10. うまーい。

↑のままの味は若干大人向けかもしれませんので、砂糖を入れて甘酢にしてみたり酢に昆布を加えてみたりすると子供も喜ぶ味になるかもしれませんね。

我が家では子供たちには圧倒的にアジフライか普通の刺し身が人気ですけど。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-釣果情報, アジング

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.